ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【3/6開催】CloudStack Day Japan 2014

»

2014年3月6日に「CloudStack Day Japan 2014」が開催されます。

Cloudstack_day_japan_2014_

詳細はこちらから
http://cloudstackday.jp/

以下リリース文

IaaSクラウドを構築・管理するためのソフトウェア 
CloudStackの専門カンファレンス「CloudStack Day Japan 2014」を国内で初めて開催

>CloudStack Day Japan 2014 実行委員会(*)は、日本におけるApache CloudStack™(以下CloudStack)やCloudStackベースの商用製品、ソリューション、サービスのプレゼンスの向上、ならびに更なるエコシステムの活性化を目的として、国内初となる専門カンファレンス「CloudStack Day Japan 2014」を、2014年3月6日(木)ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水ソラシティ)にて協賛企業17社と共に開催することを発表します。

(*)CloudStack Day Japan 2014実行委員会は、日本CloudStackユーザー会(Japan CloudStack User Group<以下JCSUG>のボードメンバーを中心に、賛同する有志で発足しました。

<「CloudStack Day Japan 2014」開催の背景>

クラウドという言葉がIT業界のみならず、広く世間に浸透しつつある昨今、2010年に開発がスタートしたCloudStackは、今や世界中で200以上のクラウドを支える基盤に成長しました。CloudStackをベースとして構築されたクラウドは、同一のAPIによって制御可能である互換性を持つ一方、分散ストレージやSDN、ハイブリッドクラウド管理ツール、構成管理ツール、ハードウェア等、様々なソリューションと組み合わせることよって、多種多様な特長を持つことができます。

日本においても既に多くのクラウド事業者、学術機関、企業などで利用されており、幅広いエコシステムを形成しています。

そこで、CloudStackを活用したクラウドによってICTを変革する再先端ソリューションを一堂に会した総合展を開催し、クラウドを開発・構築する技術者や提案者、クラウドに関心を持つビジネスユーザーへ、更なる理解とITインフラの効率化を図るヒントとなり得る場を提供します。


<カンファレンス構成>
---------------------------------------------------------------------------------------------------
■セッション:開発状況、今後の展望、国内外最新トピックスについて、国内外のゲストによる講演
国内最新導入事例(大学、企業)、協賛各社による講演

■展示:関連製品・ソリューションを協賛各社のエキスパートが詳しく解説、デモンストレーション

■ライトニングトーク:簡潔に各社における特長をご紹介
---------------------------------------------------------------------------------------------------
本カンファレンスは、CloudStackを利用してサービスを提供する側だけでなく、利用する側のお客様が希望するコンテンツを
開催日までに伺い、プログラムの充実を図ります。

<開催概要>

・名称:CloudStack Day Japan 2014
・会期:2014年3月6日(木)10:00~20:00
・公式サイト:http://cloudstackday.jp/
・会場:ソラシティ カンファレンスセンター(千代田区神田駿河台 御茶ノ水ソラシティ)
・主催:CloudStack Day Japan 2014実行委員会
・特別協力:日本CloudStackユーザー会(JCSUG)
一般社団法人クラウド利用推進機構(CUPA)
・後援: 総務省(申請中)、経済産業省(予定)
・参加人数:500名(予定)
・参加費用:無料(事前登録制)

・予想される参加者層:自社システムのクラウド化や外部クラウドの利用を検討するCTO・CIO層、企業・団体のIT部門担当者、
クラウド構築に携わるSIer、ITインフラ技術への高い関心を持つビジネスユーザーなど


<協賛団体>17社
・ゴールドスポンンサー(14社)※社名五十音順

株式会社IDCフロンティア
株式会社インテック
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
クラウディアン株式会社
クリエーションライン株式会社
KDDI株式会社
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
デル株式会社
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
日商エレクトロニクス株式会社
株式会社ネットワールド
株式会社 日立製作所
富士通株式会社
ユニアデックス株式会社

・シルバースポンサー(3社)※社名五十音順

SCSK株式会社
特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
富士通関西中部ネットテック株式会社

<基調講演について>同時通訳

講演者:Chip Childers(チップ チルダース)氏
所属:V.P., Apache CloudStack 
V.P., Product Strategy at CumuLogic
テーマ:Apache CloudStackコミュニティとエコシステム

講演者:棟朝 雅晴(ムネトモ マサハル)氏
所属:北海道大学 教授
テーマ:北海道大学アカデミッククラウドにおけるCloudStack活用事例(仮)

講演者:Cheng Liang(シェン リャン)
所属: CTO, Cloud Platform Group, Citrix Systems Inc.
テーマ:Citrix CloudPlatform powered by Apache CloudStackの最新動向と今後の展望

<特別講演>

講演者:Hugo Trippaers (ヒューゴ トリッパーズ)
所属:Project Management Committee (PMC), Apache CloudStack
Mission Critical Engineer, Schuberg Philis
テーマ:CloudStackのネットワークアーキテクチャとSDN対応について

その他、海外よりCloudStackのエコシステムベンダーによる講演を予定しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する