ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【2014年】書籍出版に向けて

»

2013年の当初は書籍の出版の目標を設定していましたが、残念ながら実現できませんでした。2014年は実現できなかったテーマをまず書籍化することを目指して、作業を進めていきたいと考えています。

まずは「オープンデータ」をテーマにしていきたいと考えています。「2013年オープンデータのまとめ」などでご紹介をしてきましたが、これらの内容をベースとして書籍化に向けた文章化の作業を進めていきたいと考えています。

書籍を出版することは、自分自身の専門分野を創る意味でも重要なアプローチだと考えています。近年、電子書籍はPOD(Print On Demand)など、様々な媒体で出版できる機会も増え、出版へのハードルは下がってきていると感じています。

本は専門性を表現する重要な手段であると考えています。書籍の場合、概ね10万冊前後の文字数が必要となります。これらのアウトプットをするためには相当の情報のインプットと経験が必要となります。本を一冊を書き終えることができれば、必然的にその分野の専門性は高まるでしょう。

市場の動向をしっかりととらえ、毎年書籍の出版は大きな目標の一つとしてチャレンジしていきたいと考えています。

※これまでの実績

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する