ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

トリプルaの中小企業経営者たち

»

シルバーウィークは、少し中小企業の動向を調べようと思い「トリプルaの中小企業経営者たち」を読んでみました。そのポイントを以下簡単に整理してみました。

中小企業に格付け取得の時代が到来している。そうした格付けを取得している人物は、”企業価値を目指す経営者”である。企業価値は”信頼”である。

キャッシュフロー経営とは、企業が自社の経営でどれだけ利益を生み出せるか、稼ぎ出されるかを重視する経営を指す指標である。このキャッシュフローを生み出す源泉が期間収益である。

安定的な成長を続ける企業には、安定したビジネスモデルの構築が絶対不可欠である。ここに優れた経営を行うノウハウが隠されている。

中小企業は、企業価値をいかにして認めても貰うか。とにかく他社とは違う何か自社のブランディングイメージを高めることができる武器を持ち、それを向上することができれば、中小企業経営は次のステージへの事業拡大する可能性を占めている。そのためには、経営資源を集中させて突破していく力が求められる。

中小企業のビジネスが成功するかどうかは、差別化できるビジネスモデルをいかに構築できるかにかかっている。その成功の可否はノウハウや技術も大切だが、ビジネスの方向性を決める情報をどこから集めるかが勝敗を大きく左右する。

経済状況が急激に悪化した時、経営にとって最後の頼むの綱は手元にいくらキャッシュがあるかどうかだ。中小企業の資金調達先は圧倒的に金融機関に依存している。それまで業績が好調であっても、景気の変動や取引先の経営環境の変化など様々な変数によって、金融機関の融資姿勢は変化する。優れた経営者は、日常的に内部留保を積み増し、潜在的危機に備えている。

ITを駆使しデータ(例:顧客の満足度調査のデータや細かな経営情報等)に基づく経営を重視する。

優れた経営者の存在こそが優れた中小企業の絶対条件である。

   

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する