海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

新ブラウザ「Brave」(β)、機能追加に比例して重くなってきた(しょぼん)

»

1月にここでご紹介した新Webブラウザ「Brave」(β)、Windowsで使い続けています。少しずつバージョンアップして、現在0.8.0になりました。

最初はほんとに骨組みだけ、という感じだったのが、ブックマークバーができたり起動時に読み込むURLを指定できるようになったりと成長してきました。

それはいいんですが、まあ当然ですが、機能の追加に比例してメモリ食いになってきています。

私はメインのWebブラウザは今でもChromeを使っていて、でもすごいメモリ食いなので、Braveくんには自分の記事のツイートをチェックするお仕事を専門にやってもらっているんです。bravememory2.jpg

ところが、バージョンアップするたびに起動が遅くなり、タスクマネージャーで見ると使用メモリ状況はこんな感じです。Chromeのタブを9個、Braveのタブを8個開いた状態です。bravememory.jpg

どこかに機能は必要最低限だけどさくさく動くのが取り柄、というWebブラウザさんはいないでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する