海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

だましのネタになり続けるドリキャスとシェンムー

»

 2001年に生産終了したセガのドリームキャストと、ドリキャス用の人気ゲーム「シェンムー」が、今もだましのネタに使われているそうです。FaceTime Security Labsのまとめによると、

2006年3月:公式っぽく見えるシェンムーサイトが現れるが、偽物と判明

2007年1月:YouTubeに「シェンムー3予告」と称する動画出現

2008年3月:Dreamcast.comドメインを入手した何者かがフィッシング詐欺に利用

2008年7月:ゲームコミュニティに、ゲーム誌EDGEの次号予告と称する写真が投稿される。その写真がシェンムーでメモやアイテムの記録に使われているノートパッドに似ていたため、シェンムー3の噂が広まる。結局は偽物だったと判明

2008年8月:セガの公式ブログに掲載された写真を何者かがフォトショップで加工し、偽の「Shenmue 3ディスク」画像に

 ドリームキャストよりシェンムーネタの方が多いですが、ともあれ、こうやって今もだましのネタにされるということは、まだシェンムー3を待っている人が少なからずいるということなのでしょう。

 以上、昔セガサターンを持っていた広瀬でした。

関連リンク
ドリームキャストの偽装サイトが出現

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する