海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

真の「Google Office」実現か

»

 「Microsoft Officeに対抗するGoogleのオフィススイート」の噂は以前からありましたが、今のところはワープロソフトと表計算ソフトのみで、総合的オフィススイートとは言えません。しかし、今度こそ「Google Office」が実現するかもしれません。

 ITworldの記事によると、Googleがオンラインオフィススイートを提供するThinkFreeと何やら交渉を進めているもようです。「ThinkFree Online」では、Microsoft Officeファイルと互換性のあるワープロ文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成し、共有することが可能で、ユーザーには1Gバイトの無料ストレージが提供されます。

 MS Officeのスタンダードエディションに含まれているのはWord、Excel、PowerPoint、Outlook。PowerPoint以外はGoogle Docs & SpreadsheetsとGoogle Calendarでカバーできるとして(完全に取って代わるのは無理かもしれませんが)、後はThinkFreeのプレゼンテーションソフトを手に入れれば、MS Office対抗オフィススイートができそうです。

 この交渉、まだ何の契約にも至っていないということですが、どうなるか気になるところです。

 以上、広瀬でした。

関連記事:Google Docs & Spreadsheetsの5つの新機能を試す
Google Spreadsheets、エクスポート機能を追加

Comment(1)

コメント

広瀬さん
これ、すごいですね。少しプレゼンテーションを触ってみましたが、これはもうOfficeが要らなくなりますね。
あ、アウトルックかぁ。。。これもWebアクセスで済むし。。。
良い情報ありがとうございます。

コメントを投稿する