記者としての取材や編集者としての仕事の中から浮かんだふとした疑問やトピックをご紹介。裁判や企業法務、雑誌・書籍を中心としたこれからのメディアを主なテーマに、一歩引いた視点から考えてみたいのですが、まあ、精密でない頭の中をそのままお見せします。

ゴースト考----江川紹子さんの論考から

»

 まず、この記事をお読みください。

 彼はなぜゴーストライターを続けたのか〜佐村河内氏の曲を書いていた新垣隆氏の記者会見を聴いて考える

 違う、と思います。江川さんは、ゴーストライティングをやったことがないのでしょうか。

 ゴーストは、確固たる自分のアイデンティティを持っています。でないとできない仕事です。
 なぜなら、ゴーストは発注元の意図に合わせ、狙った効果を最大限発揮できるよう、自分の技術を投入する、できるからゴーストとして働けるのです。自作、つまり自分の表現意図と自分という表現者を同一視するのとは全く違う心理で仕事を進めるものです。


 ゴーストに要求されるものは技術のみです。ゴーストもそれのみで応えます。


 ゴーストが仕事をするとき、そこにあるのは、流れに沿ってプロットを作り、緩急をつけ、盛り上がりを設定し、訴えたいテーマを十全に聴衆、読者、視聴者に伝えるための緻密な計算だけです。逆に言えば、だから結果的に完成度の高い作品ができ、多くの人の心を打ったのかも知れません(私は、佐村河内作品を聞いたことはないので、実際の曲については評価できません)。

 そういう観点から新垣氏の会見を見ますと、非常に誠実なものであったと私は感じています。彼は、ゴーストの冷静さを全く崩していないからです。

 ゴーストは、作品が多くの人に受け入れられるのを見て、そっと自分で乾杯するのです。

 私は、宗教の「カルト信者」のライフヒストリーを聞き取る取材を継続していたことがあり、彼らのカルトに走る心情や、考え方の回路、カルト内での依存関係などを整理していました。

 江川さんの言うカルト信者とは、佐村河内・新垣関係でいえば、佐村河内氏に対して新垣氏が自己同一化している状態を意味します。そのような関係であれば「佐村河内氏の作品は自分の作品である」という思いが生まれ、愛着が生まれますから、佐村河内氏だけが称賛されれば、自己と引き裂かれるような感情が生まれてきます。嫉妬感情です。そこまで行けば、感情が爆発して暴露に走るということはありえます。

 しかし、今回の新垣氏の態度には嫉妬は感じられません。さらに、江川氏は新垣氏の会見をこう評価しています。
>あまりに浮き世離れしていて社会性に乏しく、音楽の世界だけで生きてきた、
 そうでしょうか。私はそうは思いません。自分の名前が刻まれた、現代音楽のちゃんとした作品もある新垣氏は、作家と職人のふたつの顔を立派に使い分けられる人です。そんな人が、佐村河内氏に「裏切られた」感情を抱く理由が思いつかないのです。

 ただひとつ、それがあるとしたら、金銭問題のこじれでしょう。(〔追記〕これは、本件ではなく、一般的な「嫉妬感情のからまない暴露事件では」という、「一般論」として書いております。言葉足らずで読者の方に誤解を与えたようで、失礼いたしました。

 新垣氏が今回の告白に及んだ理由「ソチオリンピックで高橋選手が『偽りの曲』で踊るのに堪えられなかった」が本当なのかどうかは、私にもわかりません。しかし、自らのアイデンティティ、制作意図に合わせた計算による作品作り、作品として仕上げる技術、高い仕事の質。

 ----これらを「社会性」と呼ばずして、何と呼ぶのでしょうか。

Comment(6)

コメント

通りがかりの人

>ただひとつ、それがあるとしたら、金銭問題のこじれでしょう。

今回、新垣氏は著作権は放棄するという旨の声明を発表しました。
また、今回の発表は義手の少女の父親から、佐村河内氏より脅迫を受けているとの相談を受けてのものでした。

詳細を知らない私達が勝手に推測するのは簡単ですが、もしもその様なコメントで本当に誠実な方が傷つく可能性があるのならば、それは悲しいことだと感じました。

乱文失礼致しました。

高瀬文人

コメントありがとうございます。

 私の書き方がよくなくて、意図と異なった受け取られ方をさせてしまいました。大変失礼いたしました。本文に追記いたしましたので、ご参照ください。

 なお、ご指摘の事実関係はまだ検証の段階に至っていないと考えております。本稿は、記者会見での新垣氏の言葉と、江川さんのご論考のみを「事実」として考察の材料にし、私が知る「ゴーストという仕事」から判断できることを書いたもので、何が本当なのかという「真実」については、全く判断していないということをご理解いただければありがたく存じます。

経営者

金銭問題のこじれ」との評ですが、やはり引っかかります。
こういう表現は、金銭の授受がスムースであれば、新垣氏はこの関係を温存していただろう、つまり、18年間で700万円という報酬額に異議を唱え、増額を求めてそれが受け入れられなかったため告発におよんだ、という場合に使うもののように思いますが、そういったご判断でしょうか。
会見では、新垣氏はこの件についての道義的責任も述べておられましたが、その点はどう考えておられますか。

新垣氏が提供した仕事の質の高さ、という意味での社会性については同意しますが、一応人を使っている立場として見ると、いくら芸術家だからといえ、この方のゴーストライターとしての仕事に関するビジネス感覚は(仕事として引き受けていたなら)残念ながら皆無だと思います。契約も結んでおらず、作品への自己評価も驚くほど低い。そもそも、労働に見合う対価すらろくに受け取ってきていない。その点ではあまりにも世間知らずです。

新垣氏と詐称していた側との関係が、江川さんが言われるような「カルト的」なものだったかまでは当方にも判断がつきませんが、同氏の記事は、直接新垣氏と実際に学業や仕事を共にした芸術関係者(※芸能関係者、ではありません)からは支持されているようです。そうした反響も既に読まれているかもしれませんが、付記させていただきます。

高瀬文人

コメントありがとうございます。

ご指摘の件は、「新垣氏が金銭的不満を抱いていて、告発に至った」と私が考えているのではなく、「一般論として、このような仲間割れの場合の可能性として考えられる」という意味で書いております。
新垣氏の告発の理由は「わからない」というのが私の立場です。
我ながらわかりにくい文章で申し訳ありませんが、追記をつけてそのままにしておくことにいたします。

例えば、作曲家の吉松隆氏のブログのような、ご指摘の芸術関係者のブログもいくつか把握しております。説得力も感じておりますが、ただ、それが事実かどうかは私には検証できません。私の責任において書けることと、そこから推測できることを書くというスタンスでおります。

ご理解をいただければありがたく存じます。

> 江川さんは、ゴーストライティングをやったことがないのでしょうか。

この書き出しを読んだ時に、ちょっと違和感を感じてしまいました。ごめんなさい。

世の中にゴーストライターという職業があることは一般的に認知されています。でも道義的にはグレーな裏稼業です。高瀬さんがゴーストライターの経験を基に、ゴーストライターの本懐というものを解説しながら、江川さんはわかってないなぁと批判されると、裏稼業ってそんなオープンなものなのかとがっかりな感じがしないわけでもありません。

ゴーストライティングが刑法的にただちに犯罪というわけではないですが、「私はゴーストライターをしていたからわかるが」という論法は、身も蓋もない感じがするんです。ゴーストライターな人に裏稼業だという自覚や葛藤がなくなったら、ロマンもなにもありません。

新垣さんの今回の暴露会見での「カネで仕事を請け負って曲を書いた」「作曲者の名前はどうでもよかった」という純粋な姿勢に、ネット上では「クライアントの依頼を忠実に実行しただけじゃないか」とか「プロとして素晴らしい仕事をした」とか「名誉欲のない純粋な音楽家」というような、擁護どころかポジティブな反応が思いのほか多かったのには少し驚きました。

犯罪(に近い行為)をポジティブに捉えるなんて!というようなことを言いたいわけではありません。むしろ、新垣さんがゴーストライターという裏稼業の自覚が足らなかったことにがっかりというか、新垣さんのあまりの純朴さに飲まれてしまって、この事件をどう捉えて良いのかわけがわからないのです。

本来のゴーストライターはグレーな行為であることを了解した上で仕事を引き受けます。表には一切出さずに仕事を貫徹する。その根底には負い目があり、裏稼業としての自覚と、誰にも見せない葛藤がある。そういうゴルゴ13的なかっこいい前提が、崩れているんです。

新垣さんは裏稼業のプロとしては失格なんです。頼まれたので曲づくりをしただけという純朴な雰囲気が未だに漂っている。そのことに対して、いくらなんでも「浮き世離れしていて社会性に乏し」過ぎるんじゃないか、と江川さんはイライラしているわけでして、(この江川さんの表現はちょっとなぁ、と僕も思いましたが)その気持ち(イライラ)自体は理解出来ました。

大ヒット曲の裏側に、ゴーストライターがいたことがバレた。そしたら、そのゴーストライター自身は裏稼業をしているという自覚がほとんどなかった。そのあまりの純朴さに飲まれて、新垣さんを擁護する人や、ゴーストライターの鏡?と褒めはやす人がたくさん出てきている。その焦点のズレた人たちの評価に対してもまた、なんかイライラしてしまうんです。人間らしい深い葛藤よりも、子供みたいな純粋さのほうが無批判に受け入れられている、そんな怖さ。

小説や漫画でゴーストライターという裏稼業を知るのはドキドキしますが、現実の世界でそれが白日のもとにさらされたら、裏稼業という自覚のほとんどない人がやっていた。そんな純朴な新垣さんが評価されて、ゴーストのプロとして崇められるのは、なんか根本的に違うような気がするんです。

ゴルゴ13が純朴で負い目のないスナイパーだったら、なんの葛藤もないただの殺人ロボになってしまいます。新垣さんにもそれなりの葛藤はあったと思いますが、あの毒気のなさに、僕なんかは不安を感じました。江川さんもそんな感じなんだと思うのですが。

高瀬文人

コメントありがとうございます。

一般の方々が、ゴーストという仕事をどうとらえておられるか、ということがよくわかって、面白く拝見しました。
からかっているわけではありませんよ。いいご意見だと思いました。

本を一冊お書きになってみるとおわかりになると思います。
1時間で読めちゃうような、ビジネス書のノウハウ本とかと違いますよ。
本一冊分の内容と構成を作り上げ、それをきちんと読者に伝わるような文章で書けるには、ある程度の訓練をし、技術を持つことが必要です。その技術を持たない人がやると、間違いなく悲惨なことになります。

私は音楽を書いたことはありませんが、今回問題になっているようなクラシック音楽の場合は、構成であるとか、書法であるとか、過去の楽曲からのモチーフの引用であるとか「ルール」があり、本を書くのに近いのかなと想像しております。
その場合、佐村河内氏の指示書は「まったく作曲していない」ことになるのかどうかは、判断の分かれるところだと思います。

脱線しました。
というわけなので、
>でも道義的にはグレーな裏稼業です。
とは、まったく考えておりません。

>ゴーストライターな人に裏稼業だという自覚や葛藤がなくなったら、ロマンもなにもありません。
葛藤はありません。ゴーストとは技術を提供する仕事なので。狙い通りに仕事が完結して、それに対する評価として報酬がいただけ、職業人として仕事が完結するからです。
そうでなければ、ご飯がいただけません。

新垣さんの会見も同じだと考えています。私が書いているようなことを率直に述べられているだけです。江川さんが
>浮き世離れしていて社会性に乏し
いと批判されているのは、江川さんご自身のロマンの投影に過ぎません。

では、ロマンが全くないか。そう言われて考えると、ないことはないなと思います。しかし、それはご想像のものとはまったく違います。
ただ、ゴーストがなぜ普通は黙っているか、新垣氏がなぜ告発に至ったかは、この「ロマン」のあたりに関係するのかなとも思います。

お返事はこのあたりにとどめておいて、もう一本エントリを起こして、少し詳しく掘り下げようかとも思いますので、期待しないでお待ちください。

なお、私がゴーストライターであるようなとらえ方をされておられますが、
エントリの中に、ほとんど「私」という主語はありません。一般論として書いているわけで、私自身がゴーストの経験があるか、あるとしたらどんなゴーストをしているかは、一切わからないようになっております。
これも、文章テクニックのひとつなわけです。

コメントを投稿する