テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

Whatsappにツイッターが食われ、減少を始めた訳

»

  あれれ・・ツイッターの投稿数が減り始めてる? 一体何がおこっているのぉぉおぉ?

Twitter

Business Insider

   困ったなあ 困ったなあ  とジャック・ドーシー CEO

じつはね  ・・・ホワッツアップに 食われているような気がする・・・う-む


Jack Dorsey

 <出所  ビジネスインサイダー >

 2015年10月―12月期の四半期決算においてツイッターは3億2千万アクテイブ参加者と低迷し、一方メッセージアプリのWhatsap2016年2月に10億人と歴然と差がついています。元は同じパソコンのメッセージサービスがヒントになって出て来たサービスですが明暗を分けています。

ビジネスインサイダーの記事によればIDCはWhatsappがツイッターを食い始めたと述べ、ツイッターのジャック・ドーシーCEOも明確な統計資料はないが、明らかにWhatsappにツイッターが食われていると負けを認めています。Whatsappは最早、昔のような一対一のメッセージサービスではありません。仲間内で様々な事を話し合う場になっています。

その結果、ツイッターの投稿数が減少を始めています。

■ プライベートを重視するWhatsapp、パブリック重視のツイッター

間違いなく言えるのはプライベートを重視するWhatsapp、パブリック重視のツイッターと言う区分けでしょう。欧米の若者の間ではプライバシーを重視しないツイッターやフェイスブックは人気がありません。一方Whatsappはプライバシーを重視しながら仲間内で事故やイベント、ショッピングなど従来、ツイッターで議論されていた事をWhatsappが議論し始めています。ツイッターのドーシーCEOもそれを認めています。

 年間1ドルの制限を外したWhatsappはますます伸びるでしょう。パブリック型のメッセージサービスツイッターの限界の訳が明らかになり始めました。

若者はプライバシーを好み、その上で比較的仲間内での議論を重視すると言う点です。

メッセージ型アプリの中でまた変化が起こっています。

★★ People are changing how they use WhatsApp - and Twitter should be worried

s

Comment(2)

コメント

TETSU

競合と言うより、単にパブリックに発言を公開する意味が無くなった(というか飽きたw)だけかも?
ツイッターはもっと別の意義を見つけないと伸びは難しいという感じでは同じかな

山崎秀夫

TETSUさま
 コメント有難うございます。ツイッターは一般個人が去って、投稿は企業とブロガーの宣伝装置になる方向でしょうか。そうなると伸びないですよね。

コメントを投稿する