開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

Turbo続報 - 開発者人口をどれだけ増やせるかがチャレンジ

»

さて、今日の朝、短信をアップしましたが、なつかしのブランド「Turbo」の復活を発表致しました。社内では、日産のリバイバルプランでのフェアレディZの復活みたいに、新しい事業体についての発表と同時に「Turbo復活」とやった方がメッセージが明確に伝わると主張していたのですが、両方足並みを揃えるわけにもいかず、この案のとおりにはいきませんでした。とはいえ、安い価格帯の製品と無償版を提供していくことで、学生や個人ユーザーの方にプログラミング環境を提供するという、ここ数年のボーランドとはまったく違った方向性を打ち出せたのではないかと思います。

日本語版のリリースも掲載しましたのでお知らせしておきます。アメリカ発のリリースなので、日本で翌日配信というのは、時差があるので即日とほぼ同じ。しばらく米国発の発表を日本語で配信するまでのタイムラグがやたらあってそんなのニュースじゃないよという状態だったので、かなり改善できたのではないかと思います。ただ、事業分割の発表は、ぎりぎりまで落ちてこないだろうから、翌日配信は厳しいだろうなと予想します。日本は、英語のリリース配信だけで済まないかなり特殊な国なので、ローカルでがんばるしかないところもあります。

Turboに話を戻しますが、ボーランドのALM担当の営業スタッフに同行してお客様を訪問すると、ときどき管理職の方から、「いやぁ昔はTurbo Cを使ってましたよ」なんて声をかけられることがあります。いっしょの営業君が目点になっているそばで、昔話で盛り上がったりします。確かに、かつてコンパイラなんて手が届かない製品だったときに、Turboシリーズが、安くて早く、しかも高性能のコンパイラを世に送り出すことで、プログラマの卵を大勢育てました。当時とは状況が違いますが、プログラマを育てる努力をしなければならないと感じていることは確かです。

これは昔のTurbo C++パッケージ。よくこんなものとってあったよなというシュリンクラップつきのレアものです。新しいパッケージは、今風のDVDボックス的なパッケージになる予定。新しい日本語版の箱はこれから作ることになります。

最近メディアの方にお会いするときによくする話なのですが、プログラマって昔ほど魅力的な仕事に映らなくなってるんじゃないか、と感じています。構造的に見ればプログラマ人口は減少していないはずなんだけど、プログラマの位置付けが、従来のプログラマではなくコーダー(コードを書く作業に従事している人)に変わって、そこにオフショアとかアウトソースが関わってきているように感じます。クリエイティブな仕事は上へ上へと移っていって、現場から離れていく傾向にある。でも、事件は現場で起こってるんだー(ちょっと古い?)。

とにかく、実際に動くものを作るよろこびとか、そのしかけを考える楽しさを、もう一度努力して世に広めることが、この構造を変える第一歩だと思います。実装抜きにして、アイデアだけで勝負してると、いつのまにかアジアの元気な国にみんな持ってかれちゃいますし。

さて、そんな思いもこもっているTurbo製品ですが、turboexplorer.com で英語の情報をとりあえず発信開始しています。プレスリリースでは、第3四半期中(つまりは9月末まで)に出荷する予定、としていますが、turboexplorer.com には、

xx days, xx hours, xx minutes, xx seconds
until the Turbo(s) are here!

と書かれた時計が動いてます。これじゃ出荷日計算できるじゃん!いいのか。

Comment(10)

コメント

懐かしいです。。TC++のこのパッケージ。このパッケージのキーホルダーもあれば、買いたいです(w

貧乏神

「事件は現場で起こってるんだー」
その通りですよー。まるで「Cプログラミング診断室」から引用したかのような見事なスパゲティプログラムを持ってきて、それのデバッグをしろだとか、カスタマイズしろだとかいわれます。ひどい場合には高い柔軟性/拡張性を持つように改良しろとまで言います。
パラメータを1から2に変更するくらいならスパゲティプログラムでもなんとかするけれど、品質や拡張性は最初から作り込んで置かないと無理だって常識さえ、現場からは失われつつああります。「プログラミング作法」で扱われているようなコーディングの基本を知らない人も多いです。管理職は売上げ予測やバグ検出率といった机上の数字の辻褄合わせに忙しく、現場で大事件が起こっているのにどこ吹く風。問題は常に先送りされ、先送りされている間にも産めよ増やせよ地に満ちよとばかりにスパゲティプログラムはネズミ算式に増えていく。
そして貧乏くじを引くのは常にエース開発者。「不可能を可能にしろ」と言われ、「出来ない奴は三流だ」。それでも可能な物を不可能にした奴の責任は問われない。
まさか日本の開発現場がここまで疲弊し、空洞化が進んでいるとは思いませんでした。こんな日本に誰がした。
おかげで私も今や立派な失業者です。のたれ死ぬ前に、新しい仕事が見つかるといいですねえ。まあ、あの開発現場に戻るくらいなら、ホームレスになった方が、よほど文化的で人間的な生活が送れるんで、それでもいいですけどね。

そのパッケージは、私が大切に保管しておいた珠玉の一品です。(^^)
墓場まで持って行く予定です。

とおり

懐かしいですね。 Turbo C 1.5を買った日の感動なんか、今でもよみがえりますよ。 c++になってクラスライブラリが登場した頃は、これで開発者は楽になる!幸せを掴むんだ!と、さんざん宣伝され乗せられた?と思います。 再登場した今、どうでしょうか、開発者の人口を増やすのも、まぁそれはそれでいいと思いますが、家族を養って失業することなくキャリアを積み重ねることができ、思う存分スキルをアップしていけて、鬱病になることもなく、ついては、子供をもうけて健やかに育てていける収入が約束され、ゆとりある開発者の人生を強く支援する社会環境を増強するところに本気で力点をおかれてみては。 マイクロソフトも最近の重点はそこなようですね。 ある意味、しこたまパワーかけて開発した自信満々の開発ツールが、どうしたことか意図せず、こんな社会状況の中で機能してしまっているのは苦痛も甚だしいことと思います。 これは世の中を確実に大きく変えると自信と熱意を持って取り組んできたけど、気が付けば社会的階層の階段を下りていただけに等しい。 このまま数だけ増やすのはむやみにやろうとすべきではないようにも思えます。 懐かしい!と思う人はたくさんいるでしょうから応援する人達はたくさんいそうですしね。

某とおりすがり

Turbo C 1.5 の「帯」を持っている人は、そうはいるまい :-p

hifujiii

みなさんコメントありがとうございます。とおりさんのおっしゃるとおり、むやみに人口を増やす=シェアとり、ではなく、プログラマの職業としての魅力を復活させること=社会的階層を上げていくこと、すなわち、憧れてプログラマになろうという人を増やさなければ、と考えています。難しい挑戦だと思いますが、皆さんの声援をバックにがんばってみます。

別のとおりすがり

戦略を間違えていませんか?

Turbo にネームバリューを感じる人は,とっくにBDS を購入しているか,または使い物にならないと見限っているかのどちらかでしょう。これからプログラムしようという人は Turbo の過去なぞ知りません。

せっかく BDS で4パーソナリティを1つにまとめたのに,もうぶちこわし?
しかも異なるパーソナリティを同時にインストールすることができないんですって?CBuilder と Delphi は共存できたのに..

無料の Express では IDE へのコンポーネントの追加ができないそうですね。
コンポーネントによる自己拡張が Delphi の最大の利点だったはずなのにそれを潰してどこに行くの?
実際に開発に従事していない人が「無料だから機能を削れば良い」と考えたのでしょうか。

「Delphi Q&A XXX選」のような豊富なコンポーネントがついた入門書も使えなくなりますし,初心者の質問に「どこそこコンポーネントをインストールすれば良い」って回答できなくなってしまいますね。


「開発者人口をどれだけ増やせるか」ってのはボーランドの理屈です。それは現在 Delphi を使っている開発者にとっては直接の利点にはなりません。
「会社の方向性はだんだん見えるようになってきた」ですって?無料版と廉価版の切り売りが DevCo の方向性なんですか?本当にそうなら,ご愁傷様。というしか無いですが。

Borland のツールを使う開発者が本当に増えたときに,そこで何を提供することができるか。それを提示していかなければ,仮称 DevCo は既存開発者のことなど考えていない。と取られても仕方がないでしょう。

とおりすがり

私も含め、学生の方など、無料版のBorland C++ Compiler 5.5を使われているユーザーが結構いらっしゃるようですし、無償でVCL(GUI)が使えるExplorer版はとても魅力的ですが。

某とおりすがり

> 異なるパーソナリティを同時にインストールすることができない
本当ですか? だとしたら、ちょっと問題ですねぇ。C++Builder、もとい、Turbo C++(ヤヤコシイ名前だ)を使うときにもコンポーネント開発は Delphi ってケースは多いと思いますが。いったん統合した開発環境を、言語機能だけ分離して、本体を複数持てないってことかなあ。
追加コンポーネント利用が抑止されているのも、Philip Kahn 時代の OOP ビデオまで公開しているにしては、イケてないですね。
開発者人口の話は、人口が増えれば情報や相乗効果が生まれる可能性は高くなるので、ヘンな話じゃないでしょう。

hifujii

コメントありがとうございます。まず、異なるパーソナリティを同時にインストールすることができない件について。
現時点での仕様はたしかにそのようになっています。ただし、BDSをやめてTurboによって切り売りに変えた、というのではなく、あくまでもTurboはエントリーレベルの製品という位置付けです。そのため、複数言語を使いたい方はBDSを使用していただく、あるいは、Turboから入って複数言語も使いたくなった方は、BDSへマイグレーションしていただくというパスがあります。この辺のパスも含めて、すでに投資したコストが無駄にならないように配慮したいと思います。
もう一点の戦略についてですが、これについては、書くと長くなってしまうので、詳細はあらためて、としたいと思いますが、DevCoが明確にこれまでのボーランドと違う立ち位置にいるのは、開発者皆さんの問題に対処していこうということです。Turboは、いわばその考えを象徴する(自分たちに対する)決意のようなもので、もちろんこれをもって具体的な結果、成果とは考えていません。Turboをきっかけに、まだまだ変わらなきゃいけない、そういう状況にいるのだと考えています。

コメントを投稿する