ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

遂にiPhone4が月額利用料金2980円という低価格でドコモ回線で利用可能に。海外からSIMフリーiPhoneを購入する注意点をまとめてみました。

»

Assiomalogo

今年になって声高に叫ばれるようになった「SIMロック解除騒動」。遂に日本通信が行動に出ました。

日本通信は2010年8月6日、iPhone4で使えるSIMカード「b-microSIM」を8月中に販売すると、2011年3月期第四半期の決算説明会の場で発表しました。

報道によると、この「b-microSIM」はNTTドコモの回線に対応した「SIMカード」になり、カード自体の価格は無料。月々の利用料金として無料通話分1050円含むタイプは3785円、データ通信のみであれば2980円になるということです。

通信速度については明言されていませんが、300kBps以上となる予定です。また、将来的には輸入会社や家電量販店と組み、「b-microSIM」と「SIMフリー iPhone4」をセット販売することも検討しているとのことです。

 ※日本国内でソフトバンクが販売している「iPhone4」は「SIMロックタイプ」であるため動作しませんので注意が必要です。

■日本通信のmicroSIMカードを利用するためには?

 1) 日本通信のmicroSIMカードを購入します。
   下記URLの予約ページから、予約可能です。
   https://ssl.bmobile.ne.jp/contact/microsim_info.php

 2) 海外の通販サイト等から、「SIMフリータイプのiPhone4」を購入します。
   SIMフリータイプのiPhone4は販売地域によって値段が異なります。
   下図に、「SIMフリータイプのiPhone4」を購入可能な国のリストと、価格相場を掲載します。日本国内からは香港から購入するのが最も安くなるでしょう。
4836719813_877499daeb_o

 3) SIMフリータイプのiPhon4が届いたら、microSIMを挿入します。

これで、ドコモの回線を利用したiPhone4ライフが始まります。

■SIMフリータイプ iPhone4を海外から購入する際の注意点
 ・初期購入費
  ソフトバンクモバイルでの販売価格は、16Gバイトモデルが4万6080円、32Gバイトモデルが5万7800円です。香港のApple Storeによると、16GB HK$ 4,988(5万5千200円)、32GB HK$ 5,888(6万5千160円)となっており、国内販売価格より高くなります。また、個人輸入による海外からのiphone4の入手は送料等も加算されるため、この価格より高くなる点に注意する必要があります。

 ・サポート
  海外で購入したiPhone4の修理は購入国で修理する必要があります。このため海外の通販で購入して、万が一故障した場合には、交換用のiPhone4が届くまでの間、空輸等を利用しても、1~2週間程度、iPhone4が利用出来なくなる可能性があります。


  8月7日 追記:
  従来は国外で購入したiPhoneは購入地域での修理が必要でしたが、最近この内容に変更が加わり、国外で購入したiPhoneでも日本国内修理を受け付ける事になったと、Twitterでご指摘頂きました。

  しかし、Apple正規店でのみ修理可能であったとしても、ソフトバンクのショップに比べれば店舗数も少なく、持ち込もうにも近所に店が無いという状況にもなるかもしれません。また、iPhoneに限らず米国の製品は修理というよりは、交換対応となる事が殆どであり、SIMフリー版が戻ってくるのか?という疑問も残ります。

  ソフトバンクはアップルとの間にSIMロック販売をするための対価を支払っているであろう事は明白です。万が一海外購入のSIMフリー版が国内だ大量に流通するような自体になれば、ソフトバンクをないがしろにして、対応を検討しないことは常識的に考えにくく、対応変更が発生する可能性もゼロではありません。

  様々な見解が色々なブログで論じられておりますが、日本通信の詳細なサービスメニューを見ない事には正確に判断は出来ない状況ではないかと思います。正式な販売が開始されれば、日本通信、アップルがこういった点をふまえて、公式見解を述べると考えられるので、発表を待った方が良いのではないかと思います。

上記の通り、海外から個人輸入する場合には、サポート等も考慮して検討される事をお勧めします。

■通信速度が明暗を分ける
ユーザが日本通信の回線を利用する最終的な判断を行うためには、今回の発表で明言されていない通信速度を明らかにする必要があるでしょう。現行の「b-microSIM」の通信速度は300kbps。この通信速度では、例え通信品質が良くなる可能性があるとはいえ、流石に利用すると思う人は少ないのでは無いでしょうか。

日本通信は「iPhone4用のサービスとして300Kbps以上にする」とアナウンスされていますが、ソフトバンクは「上り最大384kbps/下り最大7.2Mbps」です。理論値と実行速度の違いはありますが、単純にカタログ値から判断するしか判断材料が無い一般ユーザにとっては、せめて10倍程度にならないとソフトバンクの回線より見劣りすると判断されるのではないかと予想されます。

しかし、従来の「b-microSIM」と同じ通信料金で、速度を10倍にするという事は日本通信にとって簡単な事ではありません。なぜなら、日本通信はMVNOと呼ばれる事業携帯であり、ドコモに回線使用料を支払わなければなりません。その使用料が月額10Mbps辺り1270万円という莫大な額を支払っていると発表しています。

300k
出典:日本通信 2009年3月期 (第13期)決算説明会資料

スマートフォンによって急増するトラフィックに通信事業者は四苦八苦しています。iPhone4人気で加入者が一気に増加すれば、日本通信はドコモに多額の通信料を支払う事になるため、ユーザ一人辺りの通信速度をそれ程増加させる事は難しいのではないかと予想されます。

ドコモの回線を利用する事で、例え回線品質がソフトバンクより良くなり、繋がりやすくなったとしても、通信速度が遅ければ本末転倒です。日本通信からの発表が楽しみですね。

■本命ドコモからのmicroSIM発売は有り得るのか?
恐らく皆さんの興味は「ドコモからmicroSIMは発売されないの?」という点では無いでしょうか。私の私見ですが、iPhone4用という位置づけで発売される事は当面無いのでは無いかと思います。

例えiphone4が欲しいと考えているドコモでも、現状では海外から個人輸入などを利用して購入するしかSIMフリー版を入手する方法がありません。流石にそこまでして購入するユーザはそれ程多く無いと考えるのが普通だと思います。

ポイントは日本通信や、家電量販店等の努力で日本国内でも簡単に「SIMフリー版 iPhone4」が購入出来る下地が出来た時に、動き出すのではないかと推測されます。

■ソフトバンクはどう動く?
ソフトバンクも現時点では、それ程動揺していないのではないかと考えれます。携帯電話はサポートも重要な製品ですので、サポートに不安が残る海外からの個人輸入がそれ程多く発生するとは、予想していないのではないかと思います。

しかし、ソフトバンクも国内の家電量販店がSIMフリー版のiPhone4を販売開始すれば、値下げ等で対抗手段に出てくると推測されます。

■国内販売網の構築が成功の鍵を握る
上述した点を考慮すると、現段階では一部のパワーユーザが海外から個人輸入を実行する事は想像されますが、一般的なiphoneユーザまでが同様に海外からの購入を実施するという事は考えにくい状況です。

この状況を覆す時がくるとすれば、国内で大きな販売網をもつ、ビックカメラやヨドバシカメラ等の家電量販店がどのような対応を行うのかが今回のmicroSIM販売成功の鍵を握るのではないかと予想します。

しかし、家電量販店にとっても飛ぶ鳥を落とす勢いで売れていくiPhoneやiPadは重要な商材。もし、海外からの輸入を行う事で、ソフトバンクやAppleから何らかの圧力がかかる事も想像出来ます。

今後の家電量販店の動きから目が離せませんね。

■iPad2 お薦めアイテム
お薦めケース


■スタイラス

■iPadプレゼンセット

■関連記事
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
SIMロック解除という名のiPhone争奪戦

■四万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(5)

コメント

きん

こんにちは。
量販はどうか解りませんが、輸入代行業者で少し儲ける所は出そうな気がします。

のぶとん

「海外の通販サイト等」と明記はありますが、この記事の書き方ですと
各国のappleから購入出来ないという事は記載されていないため、解らない人には
誤解を招く記事だと思います。各国のappleサイトからは同国内onlyの販売だと
言う事を追記するべきかと。。。

やまだ

iPadの発売当初に話題になったように記憶していますが、日本で認可を受けていないWi-FiおよびBlueTooth機器を使用するのに問題があるのではないでしょうか。
それとも、iPhone4では同じ問題は起きないのでしょうか。
そのあたりまで記事内でフォローしていただけると、とても助かります。

INOUE,takuya

DoCoMoショップで2011/4/1よりmicorSIMでの契約が可能になって居ます。契約出来るサービスの案内については徹底出来ておらず、店舗毎に云っている事が違います。正確な情報が浸透するのにもう少し時間が掛かると思いますが、契約が出来る(既契約からの変更もOKな事を確認済み)事を確認しました。

コメントを投稿する