ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

Facebookを始めてみよう。

»

世界でユーザ数が4億人を超えていると言われているSNS「Facebook」。まだまだ日本ではこの分野では「mixi」が最大の規模を誇っていますが、情報感度の高い人達、グローバルに活躍する人達の間では、徐々に日本でも「Facebook」が注目されてきているようです。

今回は、Facebookの登録から、簡単な利用方法についてまとめてみました。

■ユーザアカウントを登録しよう
まずは、Facebookに登録しましょう。
 ① Facebookにアクセスします
 ② 下図の画面が表示されるので、画面左下の「日本語」を選択
Facebooktop
    
 ③ 新規登録に情報を登録します。
    なお、ここで入力する「メールアドレス」と「パスワード」が
    次回からのログインで利用します。

 ④ 新規登録を押します

 ⑤ 後はダイアログにて質問される個人情報を埋めて行きます。

 ※Facebookでは、日本のSNS「mixi」等と異なり「実名」である事が
  原則ルールです。公開可能な範囲であなたの本当の情報を登録しましょう。

■最初に行うこと
 まずは、あなたが何者なのかを登録しましょう。
 Facebookは「現実社会」と同じ活動をSNS上で行う事を支援するためのツールです。
 ですから、プロフィールは正確な内容を登録するようにしましょう。
 ※但し、プライバシーに関わる事なので登録は慎重に。

 ①プロフィール編集
  画面左上の「プロフィールを編集」をクリックします。
Profile

 ②基本情報の登録
  居住地   … 現在住んでいる所
  出身地   … 生まれ故郷
  性別    … 男性、女性を登録します
  生年月日  … 生年月日を入力します
  恋愛対象  … 自分の恋愛対象が「女性」か「男性」かを選択します。
  参加目的  … 「友情」「デート」「恋愛」「情報交換」のどれかを選択しまする
  政治観   … 政党をアルファベットで入力します。
  宗教    … 宗教を入力します。
  経歴    … 職務経歴等アピールしたい、知って貰いたい内容を登録します。
  好きな言葉 … 座右の銘等があれば登録します。
   ※居住地、出身地は半角ローマ字で入力します。
    候補が表示されますのでその中から選択します。
    候補が表示されない文字を入力しても反映されません。

 ③プロフィール写真の登録
  トップページで表示される自分の画像をアップロードします。

  ※Twitter、Mixi等のSNSを利用するに当たって、人は「ユーザID」よりも画像アイコンで
  あなたを識別します。もし、あなたがTwitter等を利用している場合には、同じ写真を
  利用する事を推奨します。

 ④交際関係の登録
  交際ステータス … 「独身」「交際中」「婚約中」「既婚」等の選択肢から現在の状態を選択します。
  家族構成    … 「母親」「父親」等の情報を登録します。

 ⑤好きなものと趣味・関心の登録
  活動  … 普段の週末の過ごし方等を入力します。
   例 "Listening to music"、"Watching Movies"、"Singing Karaoke"
  趣味  … 興味のある事を入力します。
   例 "Movies"、"Internet"、"Telecom"、"Beerfest"
  音楽  … 好きな音楽を入力します。
  本   … 好きな本を入力します。
  映画  … 好きな映画を入力します。
  テレビ … 好きなテレビ番組を入力します。
   ※全て「英語」での入力となります。
    Listening等と入力すると候補が表示されますのでその中から選択します。
    本、映画等は邦題では無く、英語の原題を入力する必要があるのでご注意下さい。

 ⑥学歴・経歴の登録
  高校  … 出身校を入力します。
  大学  … 出身校を入力します。
  勤務先 … 勤務先を入力します。
  ※Facebookではここで入力した人達と連絡が取りやすくなります。

 ⑦連絡先情報
  携帯電話、住所等、ホームページURL等を登録します。
  フリーランスで働いている方などは仕事用の連絡先等を記入しておくと良いでしょう。
  プライベートで利用している方は登録は良く考えて登録するようにしましょう。

■プライバシー設定の確認
  プライバシー設定の画面で、先程入力したプロフィールの情報を誰に公開するかを細かく設定可能です。
  特に「個人情報と投稿」、「連絡先情報」の二つは確認しておきましょう。
Privacy

  公開範囲
   全てのユーザ … Facebookの全ユーザに公開
   友達のみ   … 友達として承認した人のみに公開
   友達の友達  … 友達として承認した人の友達まで公開
   カスタマイズ … 自分だけ、特定の人のみを選択可能です。
  ※デフォルトの設定でも連絡先情報等は友人のみ公開となっており、
   あまり問題になる事は無いと思いますが、念のため確認される事をお勧めします。

■まず最初にやってみよう
 ①友達の検索
   画面上部の「友達を検索」をクリックする事で下記の方法から友達を検索する事が出来ます。
    メールの連絡先から検索
    学校・勤務先が同じ知り合いの検索
    メッセンジャーの連先からの検索
  
 ②mixi版コミュニテイの検索
   画面上部にある検索バーに興味のキーワードを入力する事で、「ファンページ」「グループ」と呼ばれるmixiのコミュニティに相当するページが検索出来ます。
Search
   ・ファンペーシ
    mixiのコミュニテイとは少し違います。メンバーに参加するという概念はファンページには存在しません。アーティストの新曲情報や口コミ情報を共有する、「軽い」集まりです。
   そのファンページが気に入った場合には「シェア」ボタンを押すことで、あなたのプロフィールページにリンクが貼られ、いつでも訪れる事が出来るようになります。

   ・グループ
    mixiのコミュニテイと同じです。気に入ったグループがあれば「参加する」を選択してメンバーになります。日本人用のコミュニティがまだまだ少ないので、こんなコミュニテイを作成してみました。皆さんの交流に役立てて頂ければ幸いです。
     - B級グルメの会
     - 日本人コミュニティ
     - 東京コミュニテイ
     - 新宿コミュニティ
     - 渋谷コミュニティ

 ③アプリケーション、ゲームの検索
   アプリケーションディレクトリに移動します。
   ここからゲームやアプリケーションが実行可能です。
   Facebookの凄い所は、ここで提供されるゲームやアプリケーションの完成度が非常に高い点です。お勧めのアプリケーションを何点か紹介します。

   アプリケーション
   ・友達の誕生日を教えてくれるBirthday Calendar
   ・Facebook上で動作するTwitter
   ・お気に入りペーシへのアクセスを簡単にするfavorite-pages

   ゲーム
   ・とても無料とは思えない完成度のAge of Ocean
Ocean
   ・PS3のソニーが提供するCovert Ops
Covert

 ④ブログが使いたい
  Facebookにはブログの機能はありません。その代わり「ノート」という機能がありますので、これをブログ代わりに利用する事が可能です。

■基本は「ホーム」と「プロフィール」から
Home
 ・友達の近況を確認するための「ホーム」
  ホームペーシに行くと、友達のステータスの変更や、Twitterの呟き等が表示されます。

 ・自分のファンページや、イベント毎を管理する「プロフィール」
  友達がオープンに自分に何か伝言がある時はここの「掲示板」に登録されます。
  また、イベントタブをクリックする事で、飲み会等の告知用ページが簡単に作成出来ます。ここで作成したイベントは友達の「ニュースフィード」に表示されます。

■Facebookが変える「ゲームは有料」という概念
Facebookに参加して一番驚いた事は、提供されているゲームのクオリテイでした。mixiやモバゲータウンに代表されるように日本国内でもソーシャルメディアでのゲームは最近大ヒットしています。しかし、その大半は単調ですぐに飽きてしまいます。日本では、ソーシャルメディアのゲームとは「ちょっとした空き時間」に楽しむ物で、「無料だしね」というレベルを超えてはいません。

しかし、Facebookのゲームは違います。PSPやDS等で有料で提供されていてもおかしくないゲームが無料で楽しめます。ビジネスモデルとしては、プレイヤーに無料で遊んで貰って、アイテムを購入して貰う「アイテム課金制」が主流です。アイテムを購入すれば時間の短縮につながりますが、無料で遊び続ける事も可能です。

こういった質の高いゲームを無料で提供出来る背景には、世界で四億人という加入者を誇っているFacebookだからこそ実現出来る言っても過言ではないでしょう。iPhoneやPSP、Nintendo DS以上のプレイヤーが存在するマーケットが実はFacebookなのです。そして、本来自分達でプラットフォームを持っているソニーまでがFacebookに無料で遊べるゲームコンテンツの提供を開始しています。

「面白いか面白くないかわからないゲームに5千円前後のお金を払って購入する」従来のゲームの購入方法が、「とりあえず無料で遊んでみて、お金を払ってまで熱中したくなるゲームならお金を払う」というユーザ視点にたったビジネスモデルが今後の新たな主流になっり「ゲームは無料」という価値観に変わっていくのでは無いでしょうか。

■MixiとFacebookの違い
 まず、mixiに存在する「足跡」はありません。「足跡付けすぎてごめんさない」というお詫び文句は不要です。「マイミク申請」に該当する「友達申請」でも「マイミク宜しくお願いします」的な文章を求められる事はありません。そのため、比較的気軽に友達申請が可能です。システムそのものが色んな人達と積極的に繋がる事を支援してくれます。

 mixiはログインした段階で、ニュースが表示されたり、コミュニティや日記の検索が行えますし、一人で参加しても、やれる事が比較的簡単に想像出来ます。
 Facebookに登録した時の印象は「無人島にたった一人で放り込まれた感じ」の一言に尽きます。mixiの様に親切な作りになっていないので、自分から能動的にアプリケーションを追加したり、友人を招待したり、決して直感的では無いインターフェースでファンサイトを探したりと「何をやったらいいんだろう」という状況に陥りやすいでしょう。

 しかし、mixiは情報を取得したいと思っている人には親切な作りですが、情報を発信したいと思う人、例えば勉強会等を企画してイベントの告知や来訪者の管理を行おうとすると、簡単ではありません。日記に書くかわざわざコミュニテイを作成しなければなりません。

 反面、Facebookは情報を発信したいと思っている人には、こういった点が非常に使い易く設計されています。イベントの告知はプロフィール画面で簡単に作成出来ますし、オープンで繋がる事を全体したルールになっていますので、所属や、住居、趣味、交際関係といった幅広い項目から共通の目的を持った人達と繋がる事をシステムがサポートしてくれます。

 mixiは限られた内輪の中で情報を受信したいと思っている人向け、Facebookは自分から積極的に世界に向けて情報を発信したい人向けと言えるのでは無いかと思います。

■四万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(1)

コメント

Facebook、ハードルが高い印象があったんですが
大元さんの解説を見てたら登録してみたくなりました。
いつも分かりやすい解説をありがとうございます。


ゲームに関してですが
今はPSもDSも多くのソフトで体験版がネット経由でDLできて
面白かったら購入するってことができるし
PCのMMORPGに代表されるようなオンラインゲームに関しては
数年前からフリーミアムモデルになってて
プレイは無料で有利になるアイテムのみ課金が主流ですね。
それらはSNSではないですが
ゲーム内でグループを作って
世界中の人と繋がって会話したりといった
コミュニケーションの部分は共通するものがあるので
ネットゲームがtwitterやSNSなんかに集約されて
いろんなサービスへのポータル化してくると
利用者としては便利になっていいのにという気もします。

マーケットの大きさの違いや
海外で流行るゲームと日本で流行るゲームが違うこともあるので
展開する国やプラットフォームごとに
戦略を分けて考えてるのではないでしょうか。

コメントを投稿する