ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する

»

4月2日に総務省と携帯事業会社四社がSIMロック解除に合位との記事が発表され、世間ではSIMロックの話題で持ち切りですね。

そこで、今回はSIMロックが解除されて、一体どういった変化がおきるのかを考察してみたいと思います。

■SIMロックとは?
 SIMカードに対応した携帯電話端末で、特定の通信事業者(キャリア)のSIMカードしか利用できないようにかけられている制限のこと。
 SIMロックの方式には現在二種類あります。
 ・事業者ロック方式
  特定の通信事業者しか利用出来ないようように制限がかけられています。この方式では、例えばNTT DoCoMoが販売している携帯電話同士であれば、挿入されているSIMカードを入れ替えれば利用が可能です。しかし、異なる通信事業者の販売している携帯電話にSIMを差し替えても利用出来ません。

 ・ユーザロック方式
  最初に挿入されたSIMのみ利用可能になります。一度特定のSIMを認識した携帯電話では、例え同じ通信事業者のSIMであっても、利用する事は出来ません。

■現状の携帯電話規格に対する影響
 :現状の携帯電話でSIMロックが解除されると、好きな携帯電話を購入して、通信事業者を自由に選ぶ事が可能なのでしょうか?実はそうではありません。下図に現在の通信方式でSIMロックが解除されたら、どういう状況になるのかをまとめています。下図の青い部分がSIMロックが解除される事で、通信事業者の束縛から逃れる事が出来る部分です。

Current_2

 ①SIMロック解除の影響
 SIMロックの部分が解決されても、DoCoMo、ソフトバンクは通信方式が同じであるため携帯電話を共有可能ですが、KDDIは両社と通信方式が異なるため、例えSIMロックが実行されても、KDDI用の携帯電話は他社の通信回線を利用する事は出来ませんし、逆も同じです。

 ②周波数の問題
 では、DoCoMoとソフトバンクであれば、SIMロック解除が実行されたからといって、本当に両社で自由に携帯電話を共有可能かというと周波数が異なるため、実際には利用する事が出来ません。

 ③アプリケーションの問題
 周波数に関してはマルチバンド対応の携帯電話が登場する事も想定されますが、更に大きな問題は、メールアドレスや、保存されているメール、各通信事業者が独自に提供しているアプリケーション等は、通信事業者が異なれば利用する事が出来ません。

 これらの点を考えると、マルチバンド対応の携帯電話が登場するまでは、事実上SIMロックは機能しません。過去にも競争を促進させるという意味で、かつてナンバーポータビリティが鳴り物入りで登場しましたが、実際には「電話番号よりメールアドレスが変わる方が嫌」という理由で、それ程ユーザの移動は発生しませんでした。DoCoMoの回線を契約しながら、色んな携帯電話を使いたいというニーズはSIMロック解除で満たせますが、シャープの携帯電話を利用しながら、DoCoMoやKDDIの回線をサービスプランに応じて変更したいといったようなニーズにはメールアドレスや、長期間使用の割引サービスの影響も有り、既存のユーザの移動を促進させ、事業者間の競争を活性化させる効果は限定的ではないかと考えられます。

 長期割引サービスや、メールアドレスの引継の心配が無い、新規に携帯電話を契約するユーザがSIMロック解除の一番大きな恩恵を受けると考えられますが、そもそも日本の携帯電話市場は既に一億台を突破しており、飽和状態と言えるので、どれ程の人にとって、有効になるのかは疑問を感じます。

■LTE時代では解決するのか?
 LTEはNTT DoCoMoが2010年末から提供を予定している次世代通信規格と呼ばれています。(日本では3.9G、海外では4Gと呼ばれています)KDDI、ソフトバンクも2012から提供を予定しています。

 LTE時代に最も重要な事は、全世界の通信事業者において、乱立していた無線規格がLTEと呼ばれる規格に事実上統一される事です。前述の図では、W-CDMA、CDMA2000等規格が異なっており、世界にはこの他にもGSMと呼ばれる通信規格が存在し、複数の規格が混在していましたが、LTEに統一される事で、機器の大量生産によりコストダウンや、海外とのローミングの利便性向上等が期待されています。

 LTEはまだ、日本国内ではサービスが開始されていない事もあり、本格普及にはまだまだ時間がかかる事が予想されますが、現時点で発表されている内容を基に作成した比較図がこちらになります。

Lte

 先程と異なり、随分と青くなりました。無線部分のみが各社異なりますが、技術的にはマルチバンド対応可能な携帯電話が登場すれば解決可能です。
 実際には、アプリケーションや、識別番号等で差別化を図ってくると予想されますが、現時点では一般には公表されていないため、LTE時代になれば、当然新しいサービスなので新規契約が前提となりますし、SIMロックが実現されれば、通信事業者と携帯電話が事実上選択自由になり、ユーザにはメリットがありそうです。

 しかし、SIMロック解除は、本当にバラ色の未来を約束してくれるのでしょうか?

■ユーザ、通信事業者、端末メーカ、それぞれの視点で考察する
ユーザ、通信事業者、端末メーカそれぞれの視点で、メリット、デメリットを考えてみました。
Hikaku

 ・見過ごされがちなサポート
見過ごされがちですが、通信事業者と携帯電話が切り離される事で、通信事業者は携帯電話のサポートを行う義務が無くなります。一般家庭で利用しているISPの契約と、パソコンの関係に近くなります。インターネットが繋がらない時に、みなさんはどうするでしょうか?例えばbiglobeのISPに契約していて、使っているパソコンはHPです。HPに電話するでしょうか?biglobeに電話するでしょうか?

携帯電話ではこういう心配は不要でした。DoCoMoの携帯電話であれば、不具合があればDoCoMoのサービスショップに持ち込めば親切に対応してくれます。

携帯電話の素晴らしい点は、IPアドレスの設定や、通信知識、ITの知識が無くても、誰でもインターネットを利用出来、安心、安全に利用出来る点です。これは通信インフラから、携帯電話、サポートまで通信事業者が一環して提供しているから享受出来る大きなメリットではないでしょうか。

携帯電話と通信事業者が切り離されてしまえば、携帯電話に何か問題がおきた時、このような一環したサポートを期待する事は難しくなるでしょう。このブログを読まれている方はみなさんITに精通した方でしょう。しかし、みなさんの両親や、子供達はどうでしょうか?

SIMロック解除は、こういったサポートについても議論すべきでは無いかと思います。

 ・メーカにとって本当にチャンスか?
 現在の日本の携帯電話の商慣行は、通信事業者がメーカーに端末機を発注し、通信サービスと一緒に販売します。言ってみれば、メーカにとって、携帯電話会社は大口顧客です。とはいえ、通信事業者の発想で端末を開発しなければならないため、自分達独自の発想で携帯電話を開発する事には制約がありました。

 晴れてSIMロックが解除されれば、自分達独自の端末を製造し、世界の市場を狙う事が出来るようになります。
 しかし、そんなに上手くいくのでしょうか?下図は2009年現在の世界の携帯電話市場のシェアを現しています。日本の携帯電話メーカは全部合せても約10%です。世界を狙えると強きで発言出来るような状態ではありません。通信事業者からの開発費支援が無くなれば、国内メーカによっては、携帯電話市場から撤退し、海外メーカの携帯電話が日本国内に溢れる可能も無いとは言えないのでは無いでしょうか。

L_sa_gpt05

 ・携帯電話の性能が向上すれば、通信事業の設備投資が増加する
  下図は最近発売された、アンドロイド端末のスペック比較です。 
Androidspec

   注目すべき点は以下の点です。
   - Display Resolutionは800 x 480以上
   - 全ての端末でWiFi搭載
   数年前の携帯電話の解像度と言えば320 x 240等が当たり前で解像度は数倍に向上しています。WiFi搭載も増大するトラフィック対策のためにデータオフロードを利用するためです。こういった最新の携帯電話のスペックに合せて動画サイト等のコンテンツサイズが大きくなっていけば、トラフィックが急増する事を意味します。

   通信事業者が自社の設備投資計画に合せて、携帯電話のスペックを計画出来ていれば、ある程度のトラフィック増加を制御する事は可能です。しかし、携帯電話のスペックはメーカが決定し、それらのスペックに合せてコンテンツプロパイダーがリッチコンテンツの提供に乗り出せば、トラフィック増加に対して、通信事業者は設備投資を行うしか、対応する術が無くなります。

   AT&Tはここ三年でモバイルトラフィックが5000%増加したと発表しています。iPhoneが原因だとは公式には名言されていませんが、iPhone発売時期から考えても、iPhoneによるトラフィック増である事は明白です。リッチな端末と、その魅力を引き出すリッチコンテンツは時に想定以上のトラフィックを発生させ、通信事業者に多大な設備投資を要求する事になるかもしれません。
Att

  増大したトラフィックに対して設備投資が発生した通信事業者はどうするでしょうか?投資したお金は回収しなければなりません。どこから回収するのか?きっとみなさんも経営者ならこう考えるのでは無いでしょうか?「ユーザの通信料金を値上げしよう」と。

■国家としてどうあるべきか?
 個人的には、SIMロック解除については賛成です。私も携帯電話が色々と選べるのは魅力的だと感じる人間の一人です。

 しかし、日本の社会には通信事業者を中心としたエコシステムが形成されていると感じています。
 NTTグループだけでも年間10.4兆円の売上を誇り、KDDIグループが3.5兆円、ソフトバンクグループが2.7兆円と、この三社だけでも16.6兆円という経済規模を持っています。これら通信事業者とそれに関連する、メーカ、SIer、コンテンツプロパイダー、といった様々な業種、企業が通信事業者を中心として企業活動を続けているのは事実です。

 もし、SIMロック解除が実現されたとしても、日本のメーカが世界の携帯市場をすぐさまトップシェアを取るとは考えにくいと私は思います。SIMロックが解除されなくても、iPhoneのような製品を自社努力で開発する事は可能ですが、実際国内からは登場していません。これがSIMロックが解除されれば状況が好転するとはとても考えられません。

 国内のユーザが海外製のスマートフォンを利用し、YoutubeやAmazonのサイトを閲覧しつづければどうなるでしょうか?
 国家という視点で考えれば、携帯電話は海外製品で、通信先も海外のコンテンツプロパイダーになり、日本の通信事業者はトラフィックを運搬するだけの存在となってしまいます。

 通信事業者は月額収入が見込める内需中心の安定した業界ですが、長期的には収入の柱である音声収入の低下、データ通信競争の激化によるARPUの低下という成熟した産業でもあり、新たな収益の柱を創造しようとしている状況です。SIMロック解除による垂直型ビジネスモデルから水平モデルへの移行シナリオは、今まで築いてきた安定した産業構造にほつれが生まれるきっかけになるかもしれません。

 極端な例のように感じられるとは思いますが、SIMロックや周波数の縛りによって、「海外からの黒船」の襲来を受けていないのもまた事実です。

 私も一消費者という視点で考えれば、SIMロックは歓迎したいですが、SIMロックが解除されて誰にメリットがあるんだろう?経済にはどういう影響を与えるんだろう?という視点で考えると、経済効果もあるとは思いますが、リスクも大きいのではないかと危惧しています。

 現状ではSIMロックは解除に向けて進んでいますが、私の心配事が稀有に終わり、経済活性化に繋がってくれればと心より思います。




Comment(11)

コメント

sis

わかりやすいまとめで納得できます。
ただ私としては、やはり国内保護より世界と競争させる土壌作りが急務のように思います。黒船来襲リスクはたしかにありますが、それを乗り越えて日本メーカーの復活に期待したい。
正直、下手に内向きで保護的な市場(ケータイ業界のみならずほぼすべての業界)が形成されてきたことで、国内だけで満足している企業が多すぎます。
家電業界では、技術もブランド(SONYくらいですが)も上の日本が、世界市場では韓国に完全に負けてます。あっちは国の支援も受けて最初から世界市場を狙ってますからね。

なんか、今の日本は「コミュニケーション力が欠けた技術者」という印象です。いいもの作るけど、他の人にそれを伝えられない(伝えようとしてない?)。ここは強制的に舞台に立たせるしかないかな、と思います。

日本国内はプレイヤーが多すぎて、国内で体力を削りあって世界と戦えないのかも。自動車メーカーとか多すぎます。家電も。統廃合で一気に競争力を高めるのもありかと。

SIMロックはユーザの利便性UPが目的です
(制限を解除するのですから出来る事が増えるのです)
端末メーカーの競争力UPではありません
そこを無理にこじつけて「日本のため」としたい人もいますが
よく知ってる人達は、その主張には呆れています

マルチバンド対応は殆ど対応済みです
FOMAはSBMの基地局を検知しています
SIMロックさえ解除すれば通話などは可能です(iモードはできませんが)
一部のFOMAはEMでも使えるはずです

flaym

たぶん、大本さんの杞憂しているとおりになると思います。
それは、日本の各キャリアが頭が古いからです。
言うならば「100年前の鉄筋コンクリート脳」でしょうか?
100年もたてばコンクリートも雨風で風化して形は残っていないでしょうから。
それが、囲い商売になった携帯のガラパゴス化でしょう。

基本的に現在の日本でも個人情報は個人の責任で守らなければならない状況です。
携帯電話にしても個人情報の固まりです。
なら、SIMカードに現在携帯本体に入っている情報の一部を移す事で固有には出来ないでしょうか?
各キャリアが現在携帯で行っているサービスを固定化する事です。

つまりdocomoのiコンシェルを使いたければdocomoのSIMカードを購入するわけです。
これは、docomoのSIMカードしか対応しないようにしておけば問題はないでしょう。
そうする事で、世界に必要になるはずです。
例としてiコンシェルでいえば、アメリカの危険な地域に入ったら知らせてくれるとか。
そして、このプッシュサービスは世界の人達も受け入れてくれるのではないでしょうか?
KDDIにもこのように専門の機能があります。
それをハードではなくアプリとして提供していく。
ただし、各キャリアと提携したキャリアでなくては駄目。
その情報はSIMカードに記録しておく。
そしてそのサービスは有料にしておく。
と。

SIMカードに個人情報を記録しておく事が、危険だというのなら 今の携帯そのものが危険ですし。
考え方を変えれば事業拡大に繋がるのでは?

携帯メーカーは、がんばってもらうしかないでしょうねぇ。
今まで各キャリアにかばってもらった分 自社で何とかしなければならないと考えます。

ちなみに蛇足ですが、SIMカードに購入者の生年月日を記録しておくだけで今問題の有害サイトの遮断が出来ます。
サイトが生まれた年データを確認して未成年だったその旨のページを表示して終わり。
各キャリアや警察などは、そのサイトがきちんとチェックしているか確認するだけでいいわけですから。
そして、チェックを持たないサイトは、注意勧告、削除の流れになれば問題ないと思います。

問題は、SIMカードを購入してもらうという概念、それに記録されているデータ、そのデータをパスワードにしたサービス そのサービスで生じるトラフィックでいいんじゃないでしょうか?

携帯メーカーは、共通プラットフォームかしてくるのは時代の流れとしか・・・。
すみません。
メーカーについては、やはり私は何とも言えないです。

ただ、現在の日本の携帯電話本体の機能は世界でも通用すると思います。
後は、機能をいかにうまくサービスとからませるかではないでしょうか?
敵は、中国のコピー携帯だと思います。

PS:スマートフォンでもdocomoのSIMカードを使っていればスマートフォンで現在の特有アプリが使えるとしたら・・・。
これを考えないで なにやらごにょごにょ言っている各キャリアに未来は無いと思うのですが。

PS2:ソフトバンクにだけは、特有サービスがないような気がしますので 孫さんが反対する理由はこの辺にあったりして。
実際、考えてみればソフトバンクってなんかすでにSIMフリーにしているような気がします。
無料サービスだけで売っているような。

自分本位の意見で申し訳ありません。
ひとつ、こんな考えを持っている者もいるという事で勘弁して下さい。

私はタイによく出張に行きます。ちょっとだけそんなコメントを。
当然のことですが、タイでは、SIMロックなるものがありません。
端末は、どこで買っても問題なく、SIMカードは、別にどこでも買えます。
プリペード形式がほとんどで、コンビニなどでプリペードカードを買って補充します。
もちろん、銀行落とし、キャッシュカード落としなどもできますがプリペードの方が安くてプロモーションがあるのでみんなそちらを使います。(会社携帯などは別ですね。)
携帯の種類は豊富ですし、値段も安い物(2500円程度)からさまざまで競争原理が働いていますね。

修理やサポートの話が出ましたが、タイでは、メーカーのサポートもありますが、ものすごい数の修理屋があります。日本より全然サポートは良いですよ。
日本でも最初は、戸惑うと思いますが、きっとその部分を埋める商売として成立し、最終的には、手軽で便利なサポート体制になるのではないでしょうか。

携帯は、物によっては、SIMカードを2枚させる機種があったり、SIMカードを2枚させるようにするアダプターが別売されていたりします。

そんなタイの状況から比べると携帯先進国の日本がどうしてこんなに使いづらいのかと思っていました。

もし、最初から世界標準だったら、きっと日本の携帯が世界を席捲していたでしょう。
ちょっと前まで、日本の携帯とタイの携帯とは、かなりの開きがある感覚でした。
もし、5年前に標準化されていたら、携帯産業は、日本の世界輸出産業のトップとなっていたのではないでしょうか。車のように。
そして、少しづつ、世界の携帯のレベルが上がり、高級で高機能な日本の携帯というイメージで今の車のような立場にあったのではないかと私は想像します。

あと、実は、タイにはSINロック解除屋という商売がありまして、日本の携帯などをプログラム的またはハード的にSIMロック解除してくれるわけです。
値段はまちまちですが、それなりに需要があり、数多くのお店があります。
日本語で携帯をタイで使いたいという思いは、日本人には結構あり、国際ローミングではあまりに高いので、日本の携帯をSIMロック解除して、タイで使うわけですね。
そんな商売もいずれなくなるということになるわけです。

まあ、今からやっても産業的にはシンドイでしょうが、ユーザにとっては便利このうえないSIMロック解除ですね。

日本の携帯がSIMロック解除されれば、世界で携帯を利用する日本人の多くが日本語が利用できる日本の携帯を持っていくと思いますよ。

最後にわかりやすい情報ありがとうございました。また寄らせてもらいます。

私は携帯メーカーの人間ではなく、単なるユーザーに過ぎないので勝手な意見になりますが、SIMロックがあることで現状の機能程度の品質でも商売になっているのであれば、SIMロックを解除して携帯メーカーに競争原理を働かせて欲しいと思います。今の携帯品質には、とても不満だからです。全然ワクワクしません。なので、新機種を買う気にもなりません。

SIMロック下の狭い日本市場でも、携帯メーカーが頑張ってくれるのなら、解除する必要はないと思います。が、現実は違うと思います。かなりの停滞感が感じます。スマートフォンに殺到するのは、その表れだという考えは飛躍しすぎでしょうか。

SIMロック解除が、結果的に、役人に携帯メーカの背中を押される格好になるというのであれば、大変な恥辱だと携帯メーカーには感じてもらいたいです。

(追伸?)
中傷コメントに近かったのかもしれませんが、公開されたコメントの数件を後で非公開にされる対応はいかがでしょうか?使われているCMSの機能によるのかもしれませんが、改善していただければと思います。

sisさん

コメント有難う御座います。
>国内保護より世界と競争させる土壌作りが急務
確かに長期的にはその通りかと思います。

しかし、それを行うためには、sisさんもご指摘されている通り、
>家電業界では、技術もブランド(SONYくらいですが)も上の日本が、世界市場では韓国に完全に負けてます。あっ>ちは国の支援も受けて最初から世界市場を狙ってますからね。

競争させる土壌作りを行うなら、国として海外勢と闘うという意気込みや方策を
国として世界と戦う準備を行うのが先では無いだろうか?と思うのです。

iPhone等の高級機はおいといて、発展途上国向けに売れている製品は単純に製品力だけで
売れているかというとそうではなく、政治力等も関係していると耳にします。

日本メーカの復活に期待したいのは私も同じですが、現実はそんなに簡単な話では無いのではないかと思います。

姫さん

コメント有難う御座います。
ご指摘の通り、SIMロックは「ユーザの利便性を考慮して」という論調だけなら、まだわかりやすいですね。

ガラパゴス化が解除され、端末メーカの競争力が向上し、グローバル市場で携帯メーカが活躍出来るようになるという報道をされている時が時折見受けられ、そこには疑問を感じます。

マルチバンドは対応済な携帯もあったんですね、ご教授有難う御座いました。

flaymさん

コメント有難う御座います。貴重なご意見有難う御座います。
アプリの時代の流れ的にはSIMに入れるというよりは、ウェブ(クラウド)側に情報を置き、通信事業者に依存しない形が主流になりつつあると感じています。

モバゲータウンやmixiのソーシャルゲーム等がこの好例で、大人気の怪盗ロワイヤル等はウェブベースなので特にSIMに情報を保存する必要がありません。コンテンツプロパイダーはむしろ、キャリアに縛られる事を嫌がる傾向にあります。

その他頂いたコメントについては、今後の参考にさせて頂きます。

Andy

大元さん
ブログを読ませていただきました。ありがとうございます。たいへんよく調べられ、よくまとめられていらっしゃること敬服します。
SIMロック解除は、一挙に全てをバラ色に変える十分条件ではなく、今後のあるべき姿に向けての必要条件の一つとしてとらえることが大切な気がします。
80年代に固定電話が開放され、さまざまな電話を電気屋さんで買ってつなげることができるようになりました。それがなければ、パソコンをつなげてインターネットを楽しむ、なんてこともできなかったわけですが、電話端末の開放以外にも、サービス提供者、アプリケーション、コンテンツ提供者も現れて、大きな世界に発展しました。
モバイル通信でも過去と表面的に似てはいないでしょうけれど、似た性質の変化がありうるのではないかと思います。インフラ、サービス、そしてコンテンツ・アプリの発展が重要であり、それらが無ければ、大元さんがかかれているように、ジリ貧の産業になってしまうかもしれません。
日本はケータイインフラは世界一の国です。そのよさを十分引き出す多様な端末、多様な通信サービス、多様なコンテンツがそろったらすばらしいと思います。現状の問題点は、これらの実現のためには、垂直統合型のビジネスモデルでは限界だろうということではないでしょうか?

Icchan

アンドロイド対応表のauのIS02じゃなくて01だよといってみます。

4G携帯やLTE前提にして、SIMロックを解除するのであれば、基本的にはありだと思います。
ただ、当然としてメールや携帯向けブラウザなどのアプリケーションレベルでの問題が、
全社で(最低限in outぐらいは)統一させるような形に持って行かないと、コンテンツプロバイダは現状並みに大変でしょうし、
そのあたりのことを、キャリアなり端末を作る会社が率先して統合させなければ、
SIMロック解除端末が出てもコストばかりが上がって、結局端末価格が上がるだけになると思います。
基本料における端末料金の分離化で、結果端末価格の上昇で機種変更が鈍化したことを考えると、また総務省は余計なことをしてる感じがしなくもないです。

そーき

本文やいくつかのコメントから、ユーザーにとってメリットのあるSIMロック解除像が見えたようにも思えました。
ただ垂直統合モデルというんでしょうか。SIMロックを含む通信事業者やAppleのiPhoneやiPadなどは、あれこれ自由度を持たせない変わりにセキュリティーが確保しやすかったり、そこそこのスペックの設備でも不満の無いパフォーマンスを発揮できたりしている側面があります。
私も釈然としないではありませんが。
でもPCなどは実際かなりの自由度の代わりに手間や安全など自己責任を求められてます。
良い悪いではなく向き不向きと捉える見方も必要ではないでしょうか。
欧米でもスマートフォンなどで高度なサービスを提供しようとすると、何らかの縛りを設けないと事業者はサービスの質や儲けを確保できないのでは。
ユーザーとしてはどちらのモデルでも高い満足度が得られることが大切かと思います。

コメントを投稿する