IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

Microsoftの逆襲 ~OSSを取込んだMicrosoftは手強い~

»

Microsoftが本気出してきましたね。

FEST2015 ~革新とその先への共創 ~

「日本マイクロソフト 過去最大規模の新イベント」だそうです。気合い入ってますね。3日間にわたるセッションもトラックがやたらに多く、9トラックもあるスロットがたくさんあります。こんなにトラックがあるイベントはこれまで無かったんじゃないでしょうか。

ざっとタイトルを見て感じるのは、Microsoftは完全にクラウドに舵を切ったな、と言うことと、オープンソースに関連するセッションの多さです。タイトルに「Microsoft Love OSS!!」なんて入っているセッションもあります。私がRedHatにいた頃(2006-7年頃)は、MicrosoftといえばLinuxの天敵でした。お互いを蛇蝎のごとく嫌っていた時期でしたね。時代は変わるとは言え、またえらく変わったものです。

しかし、私はそこにこそMicrosoftの本気度を感じ、また手強さを感じます。Microsoftは意外に失敗の多い会社で、いろいろ他社に遅れをとることが多かった(Internetへの対応が遅れたことは有名ですね)のですが、それに気づくと、ものすごい速さで遅れを挽回し、いつの間にかトップに立っている、ということが何度かありました。今回、これまで嫌っていたOSSを積極的に取込む戦略に出たことは、過去の過ちを認め、仕切り直しをしようということでしょう。

OSSを取込んだMicrosoftは、かなり手強い存在になりそうです。これまでOSSと敵対しながらも圧倒的なシェアを持っていたところへ、OSSユーザーにMicrosoft製品、特に開発環境を売り込むことができるようになるからです。直接的な利益にはつながらないかも知れませんが、マーケットが広がり、Microsoftの技術をベースにした製品やサービスが増えれば、ゆくゆくはMicrosoftの利益になります。これまでの確執を捨て、実をとる戦略です。良くも悪くも、こういった転換ができるところがMicrosoftの強さなのでしょう。(今回は、そのためにCEOが代わる必要があったわけですが)

新刊「【図解】コレ一枚でわかる最新 IT トレンド」

150119book.pngネットコマースさんと共同開催している「IT ソリューション塾」でお話ししている内容を再構成し、IT の最新のトレンドをわかりやすく解説した本を出版しました。是非、お手にとって内容をご確認下さい。

ネッ トや雑誌には、最新の IT キーワードが溢れています。しかし、多くの場合、これらのキーワードは単独で解説されており、他のキーワードとの関連や、そのキーワードの持つ歴史までは 解説されていません。しかし、新しい技術やサービスには、必ずそれが出現するに至った歴史、必要とされた背景、他の技術との関連があります。それらを理解 せずに、単にネットの説明を丸暗記しても、他の分野への応用や他の技術と組み合わせた際の可能性について考えを広げることはできないのではないでしょう か。

本書は、約100枚のわかりやすい図表と平易な解説で、最新 IT の歴史・トレンドをわかりやすく解説します。さらに、本書に掲載されている全ての図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。 ご自身の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご活用下さい。

150119book2.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する