決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

ノキアが目指すガラパゴス

»

個人ブログでも書評を書いたのですが、最近『グーグルvsアップル ケータイ世界大戦』という本を読みました。タイトルにある通り、Google と Apple の最近の動きを軸にして、世界の携帯電話業界を俯瞰した本です。その中で「ノキアは端末を売る会社から、サービスを売る(ために端末を売る)会社へと転換しようとしている」というような解説があったのですが、ちょうどその動きを象徴するようなニュースがありました:

Nokia、1年間の音楽無制限ダウンロードサービスを英国で提供 (ITmedia News)

英国での話ですが、ノキアが特定の携帯端末を対象に、1年間の音楽無制限ダウンロードサービスを提供するというニュース。端末メーカーが音楽配信サービスを手がける――と言えばアップルと iPhone、iTunes を彷彿とさせますが、BusinessWeek はまさしくアップル/ iPhone に対抗する動きだと評しています:

Nokia Launches Digital Music Service (BusinessWeek)

1曲/1アルバムという単位で課金する iPhone のモデルに対し、期間限定でダウンロードし放題、料金は端末と一括で、さらに他ユーザーとのファイル共有も可能、というモデルで消費者にアピールしようというノキア。成功する確率がどれだけあるかは別にして、様々なモデルが楽しめるようになる状況は、利用者にとって願ってもないことでしょう(ぜひ日本でも同じような動きが生まれて欲しい!)。

ところで。日本の携帯電話業界は、キャリアを頂点とする垂直統合モデルが長く批判の的になってきました。しかしアップルやノキアが目指しているのは、自らが主導して新しい統合状態を作ることに他なりません。前掲の『ケータイ世界大戦』の中では、これを「キャリアではなく、メーカーが頂点に立つ垂直統合モデル」だと指摘し、さらに「日本はガラパゴスかもしれないが、世界がそのモデルを真似し始めている」と評しています(iPhone が販売奨励金モデルを採用したこと等もその一例)。であれば、私たちはガラパゴスの「開放」を焦りすぎているのでしょうか?

もしかしたら、私たちはガラパゴスという言葉を使うことで、冷静な分析を放棄してしまっているのかもしれません。もちろん短所があるなら取り除かれるべきですが、「日本の携帯電話業界は元気がない、ならば日本的なものは全部ダメ」というメンタリティに陥るのは危険なことです。また世界で一般的だとされるモデルを、無批判に自分のものにしようとするのも同様に危険な行為でしょう。「ガラパゴスだから」という理由で日本的な慣行をやめるのではなく、きちんと個々の要素に目を向け、新しい理想像を考えていくこと――そんなことができりゃ苦労してない、と言われてしまいそうですが、とにかくこの島をじっくりと見つめ直すというのも良いのではないでしょうか。

Comment(2)

コメント

n-yoshi

「垂直統合」と「水平分業」にそれぞれの優劣があることは云うまでもないと思いますが、本事案については、正に「メーカー主導」であることと「キャリア主導」だったコトの違いが大きいのでしょう。

メーカー主導の垂直統合なら、メーカーによる垂直軸とキャリアによる水平軸ができるような気がします。更に地域(国境的な意味で)を跨ぐ三番目の軸も展開できそうな気もします。

対して、キャリア主導での垂直統合の場合、垂直軸はあっても水平軸はほとんど無いも同然な気がしますし、キャリア自体の多くがドメスティックな存在なんで三番目の軸を展開するのもかなり困難な気がします。

かなりムリヤリですが、
「OSをメーカー」「ハードウェアをキャリア」「Mac文化をガラパゴス症候群」
と見做すと、なんか似てる様な気がしますが、気の所為ですかねw

13時15分41秒

垂直統合かどうかというビジネスモデルが問題なのではなく、規制に守られた限られた範囲での競争に安住している間にメインストリームから乖離してしまうこと、その結果としてそれ以外の環境で競争する能力自体を失ってしまうことがガラパゴス化の問題なのです。
最終的に関連するすべての利益を自社内に取り込みたがること自体はマイクロソフトの例を見るまでもなく企業として当然の方向性だと言えます。
ノキアの今回の試みが成功するかどうかは別問題ですが、成功したからといって日本の従来のやり方が正しかったということにはなりませんし、従来のやり方を守っていたとしても国際的な競争力は回復しなかったでしょう。

コメントを投稿する