組織を活性化させていく上で外せないポイントを、企業や組織が抱える問題や課題と照らし合わせて分かりやすく解説します。日々現場でコンサルティングワークに奔走するコンサルタントが、それぞれの得意領域に沿って交代でご紹介します。

専門特化型人材紹介会社の利用

»

以前、「人材紹介エージェントの有効的な利用方法」の中で、「人材紹介エージェント(総合型と専門特化型)を上手く使い分ける」件に関して、触れさせていただきました。今回はそれを受け、専門特化型人材紹介エージェントについて、詳しく話をさせていただきます。

--

人材紹介と聞いて、まずイメージするのは、CMでよく見る総合人材紹介会社の数社だと思います。

近年はそれだけでなく、人材紹介業以外の業界からも会社の規模に関係なく、人材紹介部門を立ち上げる時代となっております。

そこで増加しているのが、専門特化型人材を紹介するエージェントです。

販売職・営業職・エンジニア・経理職・管理部門など職種を専門とする特化型エージェントから、若手・シニアなど世代に特化したもの、そして業界に特化したものまで幅広くございます。
例:医療業界特化型・エグゼクティブ層特化型・飲食スタッフ特化型 など

--

専門特化型人材紹介エージェント サービスの特徴
=======================================
・求人募集の条件一致だけではなく、求めている人物像や社風にマッチした求職者を紹介してもらえる
・企業内で、求人担当と求職者担当は、通常同担当者が行っているため、マッチング精度が高まる
・職種や業界に強いリレーションを持っている
・人材紹介に対する理解が深く、職種や業界の専門知識もあるコンサルタントが多く在籍する
=======================================
※上記以外にも様々な特徴を掲げている特化型人材紹介エージェントがございます。

--

複数の人材紹介会社を利用されていてもなかなか該当者が推薦されてこないと悩んでいる企業も多いと思います。

ある企業の採用担当者は、求人情報は一斉に取引先人材紹介会社に流すものの、営業職、エンジニア職、管理部門職、・・など募集職種ごとに人材紹介会社をランク分けした一覧を作成し、Aランクの(その職種を得意としている)人材紹介会社には直接連絡を取り、担当コンサルタントと電話か対面で補足説明を行うようにしているとのことでした。

少し手間はかかりますが、実際これを実施するようになって候補者数が増えたとおっしゃっていました。

人材紹介会社に「どうせ何社にも流している求人情報」ととらえられるよりも、「選ばれた数社」と意識してもらうことで、社内での優先順位も変わってくるのではないでしょうか。

--

総合型人材紹介会社と取引があるにも関わらず、なかなか採用が進まないとお困りのご担当者様もいらっしゃると思います。ターゲットとする職種や世代、業界に強みを持った専門特化型人材紹介エージェントをうまく使ってみるのも、採用業務を効率的に行う、一つの手段になるのではないでしょうか。

--

これまで、苦労されていたご担当者様も、予想していなかったベストマッチングの人材に出会う確立が高められるかもしれません。


ヒューマンリソース事業部
和泉 美沙

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する