スイミー的ギルド、広報女子部を運営する広報女子部 部長がお届けする、明日の日本の広報に役立つブログ。広報は幅が広く、業種や規模によっても大きく運用が異なるので、メインとしてお届けするのは、中小企業向けコンテンツとなります。未来の日本をみんなで作るために、一翼を担う発信ができればと思います!

幸せに働くための"思考の逆転トレーニング"ーージム・バグノーラの「人生のプロフェッショナル思考」

»

先週日曜日、Windows女子部の椎野さんに紹介され、「人生のプロフェッショナル思考」の著者、ジム・バグノーラさんのセミナーに行ってきました。

人生のプロフェッショナル思考 心・体・仕事が輝きはじめる7つのレッスン
ジム・バグノーラ
経済界
売り上げランキング: 64,618

セミナー参加者には、人事やマネジメントの方、または経営者の方が多く、産業医の方もいらっしゃいました。それもそのはず。彼のメソッドは、会社の医療費を大きく削減できるメソッドだからです。

これからの会社は、従業員の体と心両面をケアしていかなければいけないと、彼は言います。そうすることが、会社全体のパフォーマンスをUPさせるために不可欠なのだと。セミナーでは、著書に書いてあることを体感できるようにさまざまなワークが組み込まれており、それはそれはわかりやすく紹介がされました。

その中で、わたしが特に学んだ点を、ご紹介したいと思います。

【"想念"が、体に化学物質を生成する】

いろんなことを教わったと思うのですが、一番難関で、しかし、一番クリアすべき点は、「すべては、自分の中で始まり、自分の中で終わる」ということを理解することだと思いました。これがなかなか難しい...。なぜならば、今までの自分の思考をそれこそ逆転させなければならないからです。

最近の化学では、わたしたちが頭に描く想念が、わたしたちの体内に物質を作ることがわかっているそうです。例えば、以下のようなステップです。

101.jpg

上の図を簡単に説明すると...

1)他人との関わりで、何か感情を抱きます。

2)相手と関わっていない時でも考え、時にはエスカレートします。

3)短時間で怒りが収まればいいですが、長時間に及ぶ感情になってくると...

4)体に影響を及ぼします。

上記事例は、「怒り」のパターンで表現してしまいましたが、当然ながら、プラスの感情であれば、脳はよい物質を体内に生成するように働きかけます。それは、体を健康にも病気にもどちらにも導くものです。彼は、「怒り続けることは、自分で"毒"を飲むようなものだ」と説明されていました。

彼の著書の中では、以下のようにあります。

人間は自分の思考を変えることによって自分の内側の生化学を変えられる唯一の生物である。私たちの想念や感情は、体の中に特定の分子を作り出す。

今では神経伝達物質が、想念や感情により脳から分泌されていることがわかっているようですね。

【すべては自分の中で始まり、自分の中で終わる】

わたしたちの脳の中で理解されることを、イメージしてみましょう。

誰かのことを執着して考えるとき、わたしたちは相手が目の前にいない状態でも相手のことを考え続けます。

103.jpg

さて、ではこれはどこで起こっているのか?

事実はどうであれ、実際この想念が発生しているのは、自分の脳の中です。

104.jpg

わたしたちは、相手を見て、良い感情や悪い感情を持ちます。それが事実であっても、自分の中に生まれる感情や言葉 を、最初に触れるのは、自分自身であるということを忘れてはいけないようです。なので、他人について悪く言うと、自分がいちばんの影響を受けます。良いこ とを言うと、やはり自分が幸せで満たされるのです。これがなぜかと言うと、脳は主語が理解できない、ということなのだそうです。

よいことも、わるいことも、自分に影響を与える-。なので、自分を幸せで満たす状態を維持するために、"自分への説明"を調整し、自分の想念をコントロールすることが、心身ともに健康な生活のために必要なのだそうです。

著書の中で貫かれているのは、以下の考え方です。

基本的に、私のすべての行動の重要な影響は、他人への影響ではなく、自分自身への影響である。自分の想念や行動に注意を払うならば、また、自分自身の内側に創り出す影響に注意を払うならば、自然に「人生のプロフェッショナル」のように振る舞うようになるだろう。

【怒ったら、自分が損する!でも、どうしても止められない時の対処法】

とはいっても、コントロールって難しい。自分の体に悪い影響があって、相手は痛くもかゆくもない...それはわかっているけど、怒るのをやめられない!!...そんなこと、ありますよね?しかし、それが長期にわたるほど、わたしたちの体に悪い影響を及ぼすそうです。では、どうしたらいいんでしょう!?

セミナーの中で、そんなときのスペシャルな特効薬を教えてもらいました。それは、シンプルだけどパワフルな方法-。

何かおわかりになりますか?

答えは...

腹を立てている人に、「ゆるす」と手紙を書くことだそうです。

105.jpg

これは、相手に渡す必要はなく、自分の中で、相手に対するマイナスの思いをなくすことば目的です。そして、自分の脳の中の"想念"が変われば、現実も変わり始めるのだとか。今回は、「怒り」の対処法としてご紹介しましたが、自分の"想念"を変えるジムさんの方法は、職場で一人がやれば、チームが変わるそうですよ。

そして、自分の"想念"が変われば、自分が未来をつくっていることに気づけるそうです。そこまでくれば...「人生のプロフェッショナル」になれる、というところでしょう。

102.jpg

一朝一夕とは行きませんが、セミナーから帰ってきた後、わたしも手紙を書きました。正直、相手にそのまま読ませられない自分本意な手紙です。でも、とりあえずやってみること!自分に「わたしは怒ってない」と言ってみること!その積み重ねで、ちょっとずつ現状を変えていこうと思いました。

ジムさんの著書「人生のプロフェッショナル思考 心・体・仕事が輝きはじめる7つのレッスン 」の中では、たくさんの思考トレーニングについて触れられています。もしご興味のある方は、読んでみて下さいね。

+++++++++++++++++++++++++
【広報女子部FBページ】
https://www.facebook.com/kohojosi

【広報オススメ書籍】

+++++++++++++++++++++++++

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する