スイミー的ギルド、広報女子部を運営する広報女子部 部長がお届けする、明日の日本の広報に役立つブログ。広報は幅が広く、業種や規模によっても大きく運用が異なるので、メインとしてお届けするのは、中小企業向けコンテンツとなります。未来の日本をみんなで作るために、一翼を担う発信ができればと思います!

Windows女子部 椎野さんと考える 女子の転職活動

»

昨晩は、Windows女子部の創設者、椎野さんと会食しました。

ある方の転職相談で、椎野さんをご紹介し、3人での会でした。わたしは付き添いだったものの、同席させて頂いてよかった!と思ったので、一部みなさまにもシェアしたいと思います。

わたしがよかったなぁ...と思う学びで、他の方にも役に立つのでは、と思ったを3点ほど。(※あくまでも当事者に合わせたアドバイスであり、すべての人に当てはまるわけではないことをご承知おきください)

1)自分の価値を見極めよう!メロン1.jpg

自分を500円のメロンと思うか、2万円の桐箱入りのメロンと思うか、転職市場での価値を見極める。評価された内容が低いようなら、なぜ低く評価されたのか、高く評価されるにはどうしたらよいかを考える。

2)人にNOを出されても、凹んじゃいけないメロン2.jpg

転職エージェントは、こちらのスキルや経験に対して場合によっては「NO」と言うもの。圧迫に耐えられるかをテストしてくるケースもある。それもあちらのルーティーン。人格否定と思い、卑屈になってしまうのは、自分にとってマイナスなので、凹まない強さを持つこと。

3)戦略的に考えるメロン5.jpg

これは多くの女子に必要なこと。逆に言うと、多くの女子が足りないところ。感情ではなく冷静に物事を捉え、布石を打つ。

・・・・・・・・・

まあ、概ね必要なことはこの3点ですが、そうはいっても、対処できないのが人ってものです。メロン3.jpg

・・・・・・・・・

障害になってくるのが、過去のトラウマ。転職で言うならば、転職エージェントになんだかんだ言われたとか、説教された、とか、誰かによって「あなたはこうよ!」と決めつけられたことが、ぐっさり心に残り、思考を停止させたり、行動を踏みとどまらせたりしてしまいます。

なので、そのトラウマを把握し、ひとつずつクリアにしていくことで、新しいアクションが取れるんだそうです。つまりは、悩みや問題に解決策ができた時点で、それは、問題でななくなるのだそうで...。トラウマとして硬くなった皮を剥いでいくと、素直な自分に出会えるようです。

わたしも、身に覚えがあることがたくさんあります。過去に転職活動して、書類だけでNGと返されたこと、広報をやっている中で打たれたこと、広報女子部をやっていて打たれたこと...打たれた後、トラウマになってしまって、停滞している事柄がいくつもあります。だからこそ、自分の心にも響きました。

昨日を忘れて今日を過ごすために、感情をしまいこみ、心の中で鍵をかけてしまい、そんなことも増えてきたと思います。

しかし、話をお伺いしながら、頭の中で、たまねぎみたいなのを想像して、その皮一枚一枚が剥けていったら、本当にやりたいことが見えてくる気がしました。メロン6.jpg

自分もそういう意味では当事者です。女子には少なからず、そんな面があるのではないかと。

わたしもみなさんも、ともに愛と勇気でもって、未来に臨めればいいですね!

・・・・・・・・・

Windows女子部について、以下にご紹介させて頂きますので、ご興味のある方は、参加してみてください!

きっと新しい出会いがあると思いますよ^^

<Windows女子部について>

Windows女子部は10代から50代まで幅広い年代のメンバーが集っています。プログラミングや技術に詳しくない人でも楽しく学べるコミュニティなので、興味を持った方はぜひ参加してみては?

【Windows女子部FaceBookページ】
【Windows女子部 活動記録 -Hatena Blog-】
【ビル・ゲイツから賞を受けた澤氏に教わる、「マネージャー=名誉職ではない」理由
↑Windows女子部のプレゼンイベントに参加した時のわたしのブログです。

【広報オススメ書籍】

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する